ED治療を薬で行う方法

薬を飲んでいる男性

EDとは、日本語にすると勃起不全のことで、完全に勃起が出来ない状態だけではなく、勃起に時間がかかったり、途中で萎えてしまったりという満足な性交が出来ない状態にあることを指します。
勃起には神経と血管が深く関与しています。
性的刺激が脳からの信号により、神経を介して陰茎に伝わることで、海綿体の動脈が広がって血液が流れ込んで大きく膨らむという原理です。
この血液がうまく流れ込まないとEDということになります。

この状態になると、自分はもちろんパートナーが寂しい思いをしてしまうことにもつながってしまいます。
それを改善するのがED治療薬です。

ED治療薬にはいくつかの種類がありますが、血液がうまく循環しない動脈硬化などのを改善する成分が入っているものが大きな効果をもたらします。
血管を拡張し、性的な刺激により脳からの指令によって海綿体に血液がうまく流れ込むようにする薬です。
また、男性が常に陰茎が勃起した状態では不都合なので、人間の体には勃起を抑制する酵素があります。
この酵素が優勢のままだと勃起不全になってしまうので、この勃起不全酵素の働きを妨げる成分も含まれており、それにより勃起を促進します。
しかし、性的興奮が脳から指令を出すことで勃起にいたる薬です。
ですから、継続して飲むものではなく、必要な時に決められた量を服用するという方法です。
ED治療薬は、性的な興奮を増加させる薬ではないので、服用してからの効くまでの時間を逆算して、性交前に服用することで、効果を発揮し勃起に至るという効果があるものなのです。

ED治療薬には何種類かあり、それぞれの特徴や効き目には個人差があるので、自分に合うものを医師の診断の元探して上手に服用しすることで、勃起不全の悩みから解放されることになります。

関連記事
人気記事一覧